スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーキットよ、私は戻ってきた!

サーキットよ! 私は戻って来た!

という事で、暫くの間、チンタラと走行して色々と楽しみましたが、本来の方面に戻る事にしました

Speed Triple Rで色々と楽しもうと思います。
スポンサーサイト

Speed Triple Rに乗換

XV1900cu は、高速道路メインのツーリングなどではノンビリと楽しかったのですがワインディングなどでは
兎に角、苦痛なのと自分本来のライディングもおかしくなりそうなので、乗換をします。
こいつをドナドなして、Triumph Speed Triple Rをゲットしました

とても納車が楽しみです。久しぶりのかっとび系

WR250Rに電源装着

ハンドルに電源を装着しました


配線の取り回しは、車体側配線と同じ経路です

本体に電源スイッチが内蔵されているので
バッテリーに直結しています

防水仕様で
12Vのシガーソケット
5VのUSBポートが2個

装着作業は10分くらいかな

Amazonで3000円くらいでした

WR250RにYZ用のZAP製ワイドステップ装着





WR250RにYZ用のワイドステップを装着しました。ステップにちょっとした加工が必要です。

ボルトに干渉する部分をサンダーで削りました。

あとは、ポン付けです。

WR250R 本格始動


WR250R導入

新たに増車されました
またまた、オフ生活も始まります






XV1900cu のスリッパークラッチ化パーツリスト

あくまで自己責任でやっております。
本ブログの記載内容などに関しては、一切の責任は負えません。

それをキチンと理解され、大人としての
良識と自己責任をキチンと認識して頂きたく。

以下のパーツリストは、ベアリング、の記載前後が重複していますのでご注意下さい。


XV1900cu 2012モデルに2016年モデルのスリッパークラッチ装着

僕の所有する2012モデルのXV1900cuに2016モデルの純正スリッパークラッチをポン付して貰いました。

いつもお世話になっているYSP相模中央さんの社長とチーフメカさんのお二人に相談し実行しました。

工賃入れて約10万ですが、スリッパークラッチをアッセーで一式なので、こんなものかと思います。

チーフメカさんによれば、なんの問題もなくポン付出来たという事なので、僕と同じ年式に乗る方にはオススメのカスタムかと思います。

XV1900cu 2012モデルに現行型のスリッパークラッチ装着

2012モデルに2016モデルが搭載している
スリッパークラッチをアッセー交換で
加工なく取り付け可能です。

お世話になっているショップに調べて貰い
装着する事にしました。

部品代と工賃入れて10万くらいです。

ハーレーにリクルス入れてもそんなもんだから高くも安くもないかも。

でも、2つ良い事があります

エンブレ時の強烈はバックトルクを回避
出来ます


2012年モデル以前の車種は、クラッチが
馬鹿重たいので左手の疲労がかなり
軽減出来ます

僕は左利きで握力も70キロ近くあるのに
1日ツーリングしてると左手の握力がなくなるくらいのクラッチの重さです。

楽しみだなぁ

トロフィーのオイル交換

秋にワコーズの4RC 15W-50に交換したのですが、うーん、イマイチ。

冷感始動時に硬すぎるのと、高温時に柔らか過ぎすると、何もかもチグハグなフィーリング、つまり、合ってないということ。

FBとトライアンフで繋がっている憧れのライダー柏秀樹さんから、パノリンが良いよ、とアドバイスを頂き速攻パノリンのオイルを購入。それから、トライアンフのお店で購入出来るオイル添加剤VC3も入れました。

この添加剤は、柏さんが取り扱いしていてお勧めされたものでもあります。

自分のバイクに憧れの柏さんからアドバイスを直接頂けるなんて秀樹感激!

しかも柏さんは、タイガーエクスプローラに乗られていらっしゃいので、僕のトロフィーとは同型エンジン、しかもプロからのアドバイスなら間違いないよね!


XV1900cuにやっと慣れてきました

わがバイク人生に”クルーザーに乗る”という選択肢は、まったくなかったので、どうやって乗りこなすか?
という単純な問題が付きまとっておりました。。。

どんなバイクもサスの1Gを出すのは基本ですので、調整可能なリアサスをセッティングした所、乗り味とハンドリングが激変!

大げさですが、物凄く乗りやすくなりました。バンク角がないので、走りには限度がありますが、相当なペースでワインディングも
走行可能となりました。

1900ccもある排気量のお陰でトルクフルこの上なし。。。高速道路をノンビリとツーリングするのがとても楽しいですよ。

XV1900cu.jpg

XV1900cu納車直後

納車直後のすがた

XV1900cu納車

遂に禁断のクルーザーつまり所謂アメリカンに乗り換え

MT07君は友人が乗る事になりました

デグナーのバッグ装着して、やる気まんまん

乗換 MT07どなどな

MT07でサーキット走行したり、ジムカーナしたり、はたまたリアサスまで交換しようとし始めましたので
ちょっと考えました。もう、そっち方面には行かない事にしたのでは?

それくらいMT07は楽しいバイクでして。。このままでは、危ないなぁと思っていた矢先に、いつものYSPに
XV1900cuの出物が。。。1850ccのクルーザーなんて乗ろうなんて考えた事もなかったのですが、
喰わず嫌いもどうかと思いまして、試乗。。。トライアンフの例もありますので。。

「マスターオブトルク」のMT07なんか比較にならないレベルのトルクの塊に流石にビビりました。

人生は、短い!という事で、思い切って乗換を決定。。しっかし、我ながらトライアンフのフラッグシップと
ヤマハのフラッグシップモデルを両方所有し、しかも両方ともに「レアな存在」という。。。



MT07ABS

ハッキリ言って、我がMT07君は、もう何処も弄る所がありませぬ。なんもかんも弄り倒して好みの仕様にしてしまったので。

盆栽化だけはしてないけれども。

MT07は、よく大型初心者向けなどと表現ささるけれども、こんなに優秀な市販車も珍しくかな。
NEXT≫
プロフィール

こうば長

Author:こうば長
バイク馬鹿工場長のブログへようこそw
<スペック>
製造:1971年製造
バイク:元ロード国際A級+エンヂューロのヘタレライダー
スノーボード:元メーカテストライダー+検定員
歌舞伎:播磨屋さん、天王寺屋さん、成駒屋さんが大好きw
茶道:裏千家
お仕事:とある工場の「こうば長」w
現在所有のバイク:ヤマハXV1900cu Raider2012改とトライアンフ トロフィー1215

最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。